子どもの熱中症対策

スポンサーリンク

熱中症を引き起こす3つの要因

環境
・気温が高い
・温度が高い
・風が強い
・急に熱くなった
・陽射しが強い
・エアコンがない

・高齢者、乳幼児、肥満
・糖尿病や精神疾患等の持病
・低栄養状態
・下痢などの脱水状態
・二日酔いや寝不足といった体調不良
行動
・激しい運動、慣れない運動
・長時間の屋外作業
・水分補給できない状況

スポンサーリンク

熱中症の対処法

I度:軽度 動ける
・めまい
・立ちくらみ
・筋肉痛
・汗が止まらない
・こむら返り
Ⅱ度:中等度 動けない
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・だるい
・力がはいらない
Ⅲ度:重度 意識低下
・意識がない
・けいれん
・高体温
・返事がおかしい
・まっすぐ歩けない

スポンサーリンク

熱中症の症状が出てしまったら

I度とⅡ度は涼しい場所へ移動(できればクーラーのある室内へ)
衣服を緩めて体を冷やす(首筋・わきの下・太ももの付け根を冷却)
体や洋服を濡らして、うちわや扇風機で風をあてる。
水分と塩分を補給する(冷たい経口補水液・スポーツドリンク)
自力で水分を補給できなければ、至急医療機関へ!

Ⅲ度は119番通報して救急隊を要請
待っている間は涼しい場所に移動して、脱衣と冷却を行います。

スポンサーリンク

子どもが熱中症になると重症化する恐れも

子どもは体力がないので、I度(軽度)からⅢ度(重度)に急に進行することがあります。

子どもは大人のようにはっきりと「気持ちが悪い」「頭が痛い」と症状を伝えられないことがあり「行きたくない」「動きたくない」の言葉からI度(軽度)の熱中症症状を見抜くことが大切です。

またI度(軽度)の時点で水分補給や冷却を行っても体調が戻らなかったら病院に連れていきましょう。

スポンサーリンク

子どもは熱中症になりやすい

子どもは汗っかきですが、実は大人に比べて思春期前の子どもの発汗能力は未発達です。
そのため皮膚に血液を集めて熱を放散することで代償しているのです。
しかし外気温が体温よりも高い日などはなかなか体温を下げることができずに、大人より熱中症になりやすいのです。

スポンサーリンク

簡単!経口補水液の作り方

今回は500mlペットボトル1本分で作ってみましょう。
500ml 水
砂糖 20g
塩 1.5g
混ぜるだけで完成です。
レモン汁や炭酸水を加えると飲みやすくなるのでおすすめです。

熱中症は屋外でなくても起きる

室内にいても熱中症になりますので、油断せずにこまめに水分をとることが大切です。
また夏場に室内にいるときはエアコンを使ってください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました